多磨駅改良と地域の安全・安心の実現にむけて

2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の会場として、東京スタジアムや武蔵野の森総合スポーツ センターが利用されることから、西武多摩川線の多摩駅の駅舎を含めた駅の改良が強く求められてきました。

その 結果、東京都や府中市との連携が図られるなかで、西武鉄道が多磨駅の改良を決定しました。

多磨駅は東口を新設し、構内踏切の廃止やプラットホー ムの拡幅やエレべータやエスカレータなどバリアフリー施設の整備によって、安全性と利便性の向上を図ることになりました。

渡辺しようは、2020年の整備完了に向け、多磨駅改良を推進するとともに、地域の発展・振興と安全・ 安心なまちづくりに全力を尽くしてまいります。