分倍河原駅の改良と安全と安心の実現にむけて

渡辺しょうは、府中市内のJR南武線と京王線とが結節する分倍河原駅の改良について、府中市に対して強く求めてまいります。

これまで、府中市が東京都と連携をはかるなかで、京王電鉄とJR東日本、東京都と府中市の 4者による「分倍河原駅周辺基盤検討会議」が設置され、将来イメージや 必要な機能、駅の配置などについて検討・協議がなされています。

小山都議と藤井都議との連携によって、府中市だけでなく東京都に対しても、一層の取り組みを求めます。ホームや改札口など利用者の安全と安心を確保する駅の改良にむけて全力を尽くしてまいります。